2010年07月03日

エントランスにはこんなものも展示

SANY0978.JPG 実際にこの施設のプロジェクトでつくられたものの展示がされていました

多くの参加者と協力してくれたみなさん

SANY1011.JPG 多くの皆さんで木材加工・情報・金属加工と研修できました

溶けた金属を注ぎます

SANY1003.JPG SANY1004.JPG 湯を2人がかりで注いで貰いました

湯口からそそぐための準備

SANY0981.JPG SANY0980.JPG SANY0983.JPG  金属を溶かしてるつぼを温めていよいよ注ぐ準備です

砂型の作り方その8

SANY0979.JPG 最後にボルトで型枠を締めてもらいました

2010年07月02日

砂型の作り方その7

SANY0974.JPG SANY0937.JPG SANY0938.JPG SANY0941.JPG 
できた型を入れてから砂をセットします

砂型の作り方その6

SANY0966.JPG SANY0967.JPG 中子になる部分の砂を固めて取り出します

砂型の作り方その5

SANY0965.JPG SANY0919.JPG 砂(すな)の表面に開けた数個の穴から、二酸化炭素のガスを送りこみます。すると、2・3分で、砂の中の水ガラスが二酸化炭素に反応してかたくなって、砂が石のようにかたまります。

2010年07月01日

砂型の作り方その2

SANY0914.JPG SANY0913.JPG 5砂をふるいにかけながら原型が隠れるまで砂をかけていきます 6砂を枠の半分くらいまで入れて、スタンプの細い方で端の砂を押し固めます 7スタンプの平らな方で枠内全体の砂をまんべんなく押し固めます 8その上に砂を山盛りにかぶせます 9山盛りの砂をスタンプの平らな方で押し固めます 10枠からもれた砂をかき棒を使って平らにします 11平らにして、下枠の完成です

砂型の作り方その1

SANY0911.JPG1下枠と上枠の印があっているのを確認します 2上枠を外し、下枠の印が下向きになるようにベニヤ板の上におきます 3原型の 表を上向きにし、せきを原型にくっつけて置きます 4枠内全体に離型粉を軽く振ります

ディジタルで録音可能

SANY0893.JPG ディジタルミュージックも可能なスタジオがありました
技術教育研究会北海道支部が行った研修会開催地